Translate

2015年4月7日火曜日

京都観光

先日、前回のブログでも紹介した念願の醍醐寺に行ってきました。

やはり、京都の街並はとても美しく景観を損なわない
工夫があちらこちらで見受けられました。

醍醐寺の付近のマンションです。
エントランスから瓦などで西洋風にはせず
和風の建築になっています。
こういう少しの工夫が魅了させる要因ですね。
とても勉強になります。




醍醐寺の入口。
入口から素晴らしさを感じ、気分が高揚して自分を抑えきれなかったです。




丁度、桜が咲いている時期だったので
雨にもかかわら、多くの観光客が拝観してました。
下の写真は、霊宝館にある大きな桜です。
圧巻の風景なので是非お勧めです。




醍醐寺には、国宝や重要文化財などが多数展示されており
本来なら2時間では廻りきれませんが、足早に何とか見て回りました。

過去の美術品はとても迫力や独創性がありました。
いくらテクノロジーが発達しても
こういう文化財は複製や製造は出来ない。
人の時間を盗み没頭させてしまうぐらい
素敵な製品を花骨も製造して行きたいと思います。



京都という街は、東京とは全く違い
昔ながらの文化が生き続いている由緒のある街です。

今回は、時間が少ないため1つしか見れませんでしたが、
次は2泊ぐらいかけてゆっくり見て廻りたいです。


私の中で、日本で住みたい街top3に入る街でした。