Translate

2015年2月27日金曜日

木材と花骨

本日は、花骨の製品を綺麗に置ける棚が欲しいので
木材屋さんに行きまして
色々と木材について調べてきました。





木材屋さんに木の事を色々と教えて頂き
今後の花骨の作品にも反映出来そうです。

お話の中で、木材屋さん曰く
「木材は生き物だから、同じ物は殆どない。
そこに、木材の魅力を感じる」

製品1つ1つに対する気持ち・魅力を再確認させてもらいました。
花骨が忘れ欠けていた事かもしれません。








以前、木材に詳しいノオト工藝さんから魅せて頂いた木材です。








木材は色々な模様・色・艶など多数の顔があります。
陶器と木材は相性が良いですが
花骨にもっとも合いやすい木材をこれからも探して行きます。